太陽光発電のメンテナンスや適した家とは?

メンテナンスについて

家と家族

メンテナンスは必要?

太陽光発電は基本的にメンテナンスは必要無いと言われています。しかし、定期点検を行うことによって、太陽光発電をより長く利用することができるでしょう。宮城の業者などに定期点検のサービスがあるのか事前に確認しておきましょう。

定期点検とは

太陽光発電の定期点検とは太陽光発電のすべてのメーカーに適応される点検項目にしたがってチェックを行っていくものとなります。外傷を確認することから、消耗品のチェックを行います。

パワコンを交換する

太陽光発電では、パワコンと呼ばれる部分を定期的に交換する必要がでてきます。このパワコンは、太陽光発電によって得られた直流の電気を交流として変換することができる機械であり、消耗品となります。

太陽光発電に適した家とは?

no.1

適した角度であること

太陽光発電を導入するときには、屋根の角度が重要となります。太陽光発電において有効な屋根の角度が30°となります。

no.2

屋根が大きいこと

太陽パネルを設置するには、ある程度の大きさの屋根が必要となります。大きいほど、複数設置することも可能でしょう。

no.3

南の方角に障害物が無い

太陽光発電を導入する時は、南に設置すると非常に効率が良くなります。南の方角に太陽光を遮断してしまう障害物が無いかがポイントとなります。

no.4

屋根の種類が適しているか

屋根の形状が、太陽光発電を行う際に適したものであると、発電の効率に差が発生します。例えば、片流れと呼ばれる屋根が一面からなるもので、南の方へ傾いているものが最適であると言えます。

no.5

天候が安定している

太陽光発電は雪が積もるなどするとその効果が得られないことがあります。積雪のある地域では、太陽光発電の導入が不向きであると言えるでしょう。そのため天候が安定している地域が望ましいです。

広告募集中