太陽光発電の注意点やトラブルについて

導入の注意点

一軒家

太陽光発電を検討する前に

宮城で太陽光発電を導入する際には、初期費用が高額になることもあるので注意しておきましょう。想定していた金額よりも高くなってしまうことも考え、資金を確保する計画をちゃんと立てておくことが大切となります。

補助金について

太陽光発電を導入する際には補助金が適応されるケースがあります。補助金の内容は各自治体によっても異なってくるために、予想していた金額が貰えなかったり、補助金の制度が打ち切られていたという場合もあるので注意しましょう。

税金に気を付ける

太陽光発電を導入し、電力を売る際には所得税が発生します。税金が発生するにはある一定額を超えている場合になりますので、もし所得税を引かれたくないのであればそれを上回らないように調整する必要があるでしょう。

ローンを組む

太陽光発電は初期費用が高くなるために、ローンを組むことを推奨される場合があります。ローンを利用することで最初の負担を軽減させることができますが、状況によっては融資を受けることができないこともあるので注意しましょう。

太陽光発電に関するトラブル

業者と契約

想定していた金額より高い額を請求されてしまったなどのトラブルがあります。補助金や融資なども考慮し、きちんと見積もりを立ててもらいましょう。

十分な説明が無い

太陽光発電を導入するには、業者と綿密な打ち合わせを行う必要があります。きちんと打ち合わせが出来ていないことで想定していた発電の量を得る事ができない、メンテナンスで想定していないお金が発生したというトラブルがあります。

設置のトラブル

業者によっては、施工を外部に委託しているケースがあります。そのような場合、設置が安全基準を満たしていなかったり、不具合が生じてしまう場合があります。どのようなシステムで施工を行うかを確認しましょう。

悪徳業者に注意

太陽光発電を導入する際、本来よりも高い値段を設定した上、アフターフォローを行わないといった業者も存在します。太陽光発電の相場を事前にチェックしておきましょう。

すぐに発電できない

宮城では太陽光発電の設置した後、すぐに発電を行うことはできません。太陽光発電が余分に行われた際の売買手続きを行ったり、電気メータを設置する実際に家庭に電力を導入するため仕組みを構築させる必要があります。このような項目を導入前に理解しておきましょう。

広告募集中